ジニアとバーベナとオジギソウ

ジニアは今年種を撒いたもの。バーベナは?。オジギソウは去年のこぼれ種。
触れるとパタパタ葉を閉じていくオジギソウ。葉を触るとその刺激が電気信号となり葉柄を伝って葉柄の根元の主葉枕に届く。主葉枕の内部の水分が移動しパタパタパタっという動きをもたらすらしい。その水分の移動には、アクチンの中のチロシンの脱リン酸化が関与しているとか。分かるような分からないような。。。で、なぜそういう仕組みを持つようになったのか。植物にも「なぜ」がいっぱい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。